« 2人用の椅子に3人で座る日常 | トップページ | Re: »

2011年12月17日 (土)

たまにゃあ阿呆も背伸びする

まさことみきとばることミストさんに会ってきたのだーーー!!

まぁ駄弁って、飯、というお決まりのパターンですよ(真顔

本日の駄弁りだけで出てきた理系ワード↓

海馬、静止摩擦力、慣性力、エストロゲン、テストステロン、アドレナリン、存在確率、反発係数、単振動、復元力、弾性力、磁力、交流回路、電磁気、力学、波動、熱力学、ヘテロ、ベンゼン、トルエン、ベクトル

うーん、ナイスな女子会だ!(

クリスマスのイルミネーションとかそっちのけだったよね。

てかサプライズでみきとまさこ呼んだせいかw

そんな中ブログ更新しないよね話題になったのですよ、えぇ。

最近某Bさんや某Cさんや某Nさんに心の中で添削されるのが怖くて、イマイチ長い文章とか、抽象的な文章とか、語る文章とか、小説とか書いてなかったんだけど、うち一人が

「大丈夫w8行目と27行目が矛盾してるとか言わないからw」

と言って、もう一人がこのブログに最近来てないのをいいことに、夜のテンションに任せて今日は頭沸いてる系の長文をばPCでがっつり書こうと思ったのでございましたまる

え?最後の一人?

コメントとかくれないからいいんじゃないっすかね?(ホジ

その他思いっきり国語力のある人はきっとこんなちんけな秘境まで足を運ばなくなってるであろうという希望的観測。いや、悲観的観測?

てなわけで以下続きをよーーむ!(携帯の人は何も変わらずそのまま文が続いててごめんね☆)

――愛されるのは愛するよりも幾分も辛い。

この些細で残酷な真実に気づくのに、私達は大してかからなかった。

寧ろ薄ぼんやりとは以前から知っていたと言っても過言ではないかもしれない。

だがしかし、知ったのだ。

小さな痛みと共に、一抹の罪悪感と共に、その言葉の内包する本当の意味を。

つまりは、受け止められない。

一方的に激情を流し込まれながら心の安寧を維持せよなどと、温室で育てられた私達にとっては無茶も甚だしい。

強く、弱く、揺らぎ揺らぎ、近づいては恐れ、離れては思い、はたと気づくと二進も三進もな袋小路に追い込まれてしまう。

「どうすればいいの?」

と、具体的な指針を尋ねるつもりは毛頭ない、だが、私達には、ぼんやりとした解決法すら見えない。

一友人としての地位を欲して、”らしく”、振舞おうとしていた子が、本能に屈しDNAの傀儡になった相手に、冷ややかで哀しい眼差しを送りながら諦念を抱く様なんて欠片も喜ばしくないんだ。

ただただ、思うのは、何故、辛さの大小関係が逆じゃなかったのか。

そんな愚問に答えは無いし、今の私には自分なりの解釈も加えられる気はしない。

このような現状の上で、私の中にある、最後で最高の希望は、かつて、私とあまりに密で、共鳴しあって一つになってしまいそうだった人が私に託してくれた可能性。

「マルチタスクになり得ない人間が本当に本当に愛し合えるのは、唯一人に絞られるからね。そんな相手に出会えれば、必ず邪魔は入らないんだよ。」

そんなのって、あるのかな。

|

« 2人用の椅子に3人で座る日常 | トップページ | Re: »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

久々にコメントしてやるか。

恋愛観だねー。いいねいいね。
「ホントの意味」の「ホントの意味」なんて知る由もないし、個人的にはもうのらりくらり思ったように振る舞うのが一番楽だと言うことに気付いたのです。
愛するも愛されるも等しく至高の経験で煌びやかなわけですから辛かったり苦しかったりするにしても最終的には美しくまとまるもんだと思うのです。


>「マルチタスクになり得ない人間が本当に本当に愛し合えるのは、唯一人に絞られるからね。そんな相手に出会えれば、必ず邪魔は入らないんだよ。」
俺はマルチは在りだし唯一では無いとは思うタチだけども、結局一人に落ちすくのが普通の感覚かと。

投稿: 弐号機 | 2011年12月17日 (土) 02時16分

本当に久々w

滅多にこういうのは書かないんですがたまにはって思いましてね(◎´∀`)
今は未だ美しい終末期って感じじゃないですし、収束の目処の立たない子ばっかりですね・・・・
なんというか、逆ハーがよろしくないのかしら(´・ω・`)
身に危険の及ばない範疇ならばのらりくらりもアリだろうとは思うのですがねぇ。。。


結構私の周りはみんな一途なんですよw
やっぱり存在比的にこう落ち着くんですかね。

投稿: 海獺 | 2011年12月17日 (土) 02時31分

その節は楽しかったぜ!サプライズは遠い先でいつの日か御返しするとしよう(*´∀`)

ジェラート屋前のあの話題に繋がってるわけね。人は所詮一人の人間しか愛せないだなんて思想は、今の私には独占欲の正当化にしか聞こえない。傍にいるってだけで相手のことを愛してる気になられて自己満足に陥られるのは迷惑千万だし。けれども、もしかしたらただ単に我々が未だそんな境地に至ったことが無いから度しがたいだけなのかもしれないよね。
わからないね。久々に深い河が読みたくなったよ。

投稿: B | 2011年12月18日 (日) 13時25分

まじかー期待w


イチャイチャしてるカポーにはちょっかい出せない&恋は盲目とかの合体上級版だと解釈してたんだが…
何れにせよ百聞は一見に如かずだしな。
利他的相思相愛の成りがたきことよ。

投稿: らっこ | 2011年12月18日 (日) 16時19分

一昨年は本当楽しかった(*´ェ`*)
また会おうね(`・ω・´)

そして…私はまだ何か言葉に出せるほどの境地にいなくて、むしろ混沌の中に埋れてる感じだから、
勉強になります。
もっと考えねば。
考えれば考えるほど哀しかったりするけど。

投稿: mist | 2011年12月18日 (日) 23時14分

一昨日よみすとさんw
また会おうね!(・∀・)

こんなので参考になるかって言ったらならないような気がするけどねw
考えましょう。とことん。何かあるかも。

投稿: 海獺 | 2011年12月19日 (月) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503661/43405866

この記事へのトラックバック一覧です: たまにゃあ阿呆も背伸びする:

« 2人用の椅子に3人で座る日常 | トップページ | Re: »