« 餃子パーリィ! | トップページ | プリキュアvsウルトラマン »

2011年8月18日 (木)

もんきー☆そふぃすと

ある動物園の猿山に1匹の猿がいた。

そういえば私は何故こんなところにいるのだろう?

私は来る日も来る日も人から見られている。

そもそも何故ここから出ないのか。出よう。

彼はすっくと立ち上がると檻の隙間から手を出してつまみを回し、丁寧に鍵を開けて、そして出ていった。

戸締まりは忘れないように、な…

広大な夜の動物園に猿が1人。それは彼にとって生まれて初めての外出だった。

「やあ、麒麟さん、元気かい?ペンギンさん今日もお勤めご苦労様。」

嬰児のような眼差しで目の前の猿を見ている動物達を後目に、彼は動物園を後にした。

ふむ、まず裸をどうにかしたいな…

彼は町の一角にある服屋の戸を叩いた。

「夜分遅くにすみません、ご覧の通り私は裸です。これでは恥ずかしいので何か着るものを仕立ててくれませんか?お金は持ってませんが、私のような者が着て歩けばきっと良い宣伝になると思います。」

店の主人のお爺さんはびっくりしながらもにっこりと微笑み、彼の為に上等な背広を仕立ててやった。

「裸足では怪我をするでしょう?これも持っていきなさい、私の息子が昔履いていたものだ。」

彼は店の奥から小さな革靴を引っ張り出してきて、猿に差し出した。

「私のような者のためにここまでして下さってどうもありがとうございます。この御恩は一生忘れません。」

お爺さんとかたく握手をして彼はお店を後にした。

さてどうしようか…何か職が無ければ私はここで食べてはいけないな…

彼が通りをぶらぶらしていると、遠くからお巡りさんがやって来た。

「こら待ちなさい!猿がこんなところで何をしてる!さては動物園から逃げたしたな!!」

「まぁまぁ落ち着いて下さい、お巡りさん。私は逃げませんから。」

お巡りさんは目を白黒させ、じっと猿を見据えた。

「君はこんなところで何をしてたのかね。」

「歩いてました。いけませんか?」

「猿がこんなところで歩いていてはいけないに決まっているだろう。」

「ほう…では人間ならどうでしょう?人間が通りを歩いていたら逮捕されますか?」

「そんなわけないだろ」

「なら私がここを歩いていただけで拘束されるのはおかしいですよね?」

「何を言ってるのかね。君は猿じゃないか。」

「何故、そう言い切れるのですか?」

「えっ?」

彼の深い紅茶色を湛えた眼がお巡りさんを捕らえた。

一呼吸置き、彼は続けた。

「あなたは、手を無くした人を見てどう思いますか?当然人間と見なしますよね?では両足の無い人はどうでしょう?やはり人間と見なしますよね?同様にして眼が無い人も顔の潰れた人も植物状態の人でさえも人間と見なしますよね?

私は確かに他より少々毛深いですし尾もありますが、ご覧の通り立って歩き、考え、そして話します。人間とは言語と道具を操り直立二足歩行をする動物でしょう?ならば私はまさに人間ではないですか。それとも他に人間を人間たらしめる上でそれ以上に大事な要素があるのでしょうか?」


お巡りさんはすっかり困ってしまった。人間とは一体何をもって人間たりえるのだろうか?

彼は再び歩きだした。

私の売りはなんといってもこのユニークな見た目だろう。だったらこれを生かす職につくのが一番だな!

彼がまず思いついたのはサーカスだった。

だが「喋る猿」として面白がられるのが関の山だと悟った。

ではテーマパークはどうだろう?
…いや、あそこはキグルミの天下だから私の需要はないだろう。

最終的に彼はテレビ局を訪ねてみることにした。

「…うーん確かに君は面白いが…猿はなぁ…」

「ダメでしょうか?私なら一度見たら忘れられないインパクトを視聴者に与えられると思うのですが。」

「いやしかしだな…」

「いいじゃないか、面白い!君を採用しよう!」

「しゃ、社長!?」

「他にはないうちの目玉になりうるのに何故落とすか分からんな。守り態勢ではチャンスを逃すぞ!一か八か冠番組をゴールデンにぶちこもう!」

「ありがとうございます。目一杯やってみます。」

そして彼はとあるクイズ番組の司会になった。

高が猿がお高くとまっている芸能人の無知を暴き出すという爽快感に人々は夢中になった。

これが後のおバカキャラブームの先駆けである。

fin

昔サルヂエってクイズ番組あったよね

小6の頃だったかな

イメージとしては大体あんな感じですえぇ^p^

ついったーで「タイトルをひらがなにして☆を挟むと何故かなんでもエロゲっぽくなるよ」って言ってたからモンキーソフィストじゃなくてもんきー☆そふぃすとにしてみたんだけどどうだろう?

最初はラストを「彼こそが後のみのもんたである」とかにしようかと思ったけど、猿とキャラが大分違ったからやめましたw

政治家とかにして日本をよくしても、救世主にして日本人を約束の地へと導かせてもよかったのですがタルかったのでやめました(ぁ

|

« 餃子パーリィ! | トップページ | プリキュアvsウルトラマン »

小説」カテゴリの記事

コメント

おお、すんげぇ゚д゚
何処かで聴いたような話だと思ったんだがあれはらっこ☆ぶつりすと発だったのかそうか…←

投稿: ばるーん☆りんりすと | 2011年8月18日 (木) 20時57分

おい、こら、エロゲしたことないんだから私発なわけないやろww
フォロワーさん発だよww

投稿: らっこ | 2011年8月18日 (木) 23時57分

めっちゃ楽しかった(笑)
イイネ!があったら10回くらいおしたい感じw
そしてらっこ☆ぶつりすとってww

投稿: mist | 2011年8月19日 (金) 00時40分

そらよかった(*´∀`)
書いた甲斐があったわ!

そんなゲームいややでwww

投稿: らっこ | 2011年8月19日 (金) 01時09分

らっこ☆ぶつりすとも、ばるーん☆りんりすとも吹いた^p^

物理に関するゲームなんですね、
それで奥が深すぎて一般人を
苦しめる訳ですね、わかります。

投稿: みき | 2011年8月19日 (金) 02時12分

物理系エロゲって何?^p^
BLって書いて物理LOVEって読ます某氏作のゲームですね分かります
正しい式選ばないとゲームオーバーなのか

投稿: らっこ | 2011年8月19日 (金) 14時29分

mistならここばみすと☆みすどだな!・∀・←
みきさんバージョンはまだキャラが掴めてないから考えつかんごめん☆←


え、あいつ確かがちでそういうゲーム作りたいって言ってたよ?ww

投稿: 風船倫理人 | 2011年8月20日 (土) 01時24分

まじでかww
ちょっとキャラクターとか設定考えてくるわ

投稿: ぶつりすと | 2011年8月20日 (土) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503661/41220023

この記事へのトラックバック一覧です: もんきー☆そふぃすと:

« 餃子パーリィ! | トップページ | プリキュアvsウルトラマン »