« 日本語リスニング上級 | トップページ | あるないクイズ »

2011年7月18日 (月)

理科は息抜き

数学の復習とかしてると集中力がスーパー早く切れるんだよね。

確率とか整数みたいな得意分野は余裕なんだけど、軌跡と領域とか三角関数とか4問ぐらい解くと早速心の旅に出ちゃうよね。

なんつーか解くプロセスの密度が濃く感じられるから疲れます。

密度…?今密度って言ったよね…?

密度って言ったらρVgと√T/ρのことを考えちゃうね☆

というわけで今日の話題は密度です(強引

昔先生に空気の30度は暑いのに水の30度は冷たいのって何でですか?って聞いた時に、水は気化するから気化熱を奪われて体感温度が下がるって答えられたんだけどさ…

空気の80度(サウナ)とお湯の80度って体感温度はお湯の圧勝だよね^p^

なんでやん!ってなったんだけど、これ密度の仕業だったのね。。

温度って分子の無秩序な動きの活発具合を測ったもん(要は衝突頻度)だから、高密度のもんの方が分子の衝突する確率も高いわけで。

水にせよ窒素にせよ酸素にせよ、気体は液体と同じ重さ(物質量)でも体積は云千倍だからねー


30度で水の方が冷たかったのは、30度は体温に近いから、伝導で奪われる熱より気化熱のが多かったのかな?

オーダーの差と近似とかwktkですね(;゚∀゚)=3←

密度ネタでもうひとつ。

ジャグジープールで泳ごうとしてもなんかうまく泳げないのも密度の仕業だったのね。

ジャグジーで水に大量の空気が含まれると水の密度が低下して、ρ(密度)×V(体積)×g(重力加速度)で表される上向きの力、浮力は小さくなるから、上手に浮けないし、水を掻いたときに得られる推進力も運動量保存サイドから攻めてm(質量)×v(速度)=ρVvだから小さくなるしね。

更に言うと密度が下がった水は他より軽いから上昇水流が発生して動きにくいというおまけ付き!!

密度アツいね密度。

そいやこないだ密度な夢みたよ。

あんね!水銀の上を歩いたの!

水銀吸ったら死ぬやんけ!って話は抜きとして、水銀は密度が高いから足のちょっとした体積で発生する浮力だけでmg支えられるとかいうそんな感じだった。

…そんな密度あったけ?^p^

確か13.6g/mlだったと思うんだけどそんときってどれぐらい足沈むのかな。

えーっと、体重がピッタリ5.0000×10kg(無意味な有効数字)で考えると50000÷13.6だから3676cm^3か。

んで片足だと1838cm^3?

って結構沈んでるやないかwwww\(^0^)/

膝までどっぷり(白目

衝撃を与えると一瞬固体になるあの水と小麦混ぜたやつみたいのじゃなくて、もののけの獅子神みたいな液面歩行してみたかったのにリアルじゃ無理でしたか…_ノ乙(、ン、)_

|

« 日本語リスニング上級 | トップページ | あるないクイズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503661/40861004

この記事へのトラックバック一覧です: 理科は息抜き:

« 日本語リスニング上級 | トップページ | あるないクイズ »