« 歌 | トップページ | 1年のうちの1日なんて0に近似していいよね »

2011年5月10日 (火)

歩けラッコ

ラッコは激怒した。

必ず、かの邪智暴虐な足を45度以上曲げると走る痛みを除かなければならぬと決意した。

ラッコには医学が分からぬ。

ラッコは、ただの物理メガネである。

お風呂で定常波をつくり、声の共鳴ポイントを探して来た。

けれども捻挫に対しては、人一倍に敏感であった。

きょう未明ラッコは家を出発し、駅まで行って電車を乗り継ぎ、十里離れたこの河合塾のある町にやってきた。

ラッコには杖も、ゴロゴロも無い。エスカレーターも節電にやられて無い。

申し訳程度に、ニーハイの中に仕込んだ湿布と二人旅だ。

この湿布、気を抜くとニーハイの中で剥がれて丸まりやがる。

ラッコは、それゆえ、足に負担をかけずに階段地獄を抜ける術を見つけねばならなかった。

ラッコにはお気に入りの授業があった。CEである。

今日はこの河合塾で、開講されている。

その授業を、これから受けに行くつもりなのだ。

久しく受けなかったのだから、受けるのが楽しみである。

左足を庇いながら歩いているうちにラッコは、右膝の様子を怪しく思った。

mgが恐ろしくかかって痛い。

左足に体重と荷物の負担がかからないようにしているから当たり前だが、けれども、なんだか、膝全体が、やけにヤバイ。

ポジティブシンカーなラッコも、だんだん不安になってきた。

だが、周囲の目があるなか跛をひいてノロノロ歩くのはダサい。

ラッコはわざと元気に振る舞い、右サイドに全ての重みをかけて左サイドをちょっと浮かし、通常スピードですたすた歩いた。

丁度B2からの長い長い階段の半分に来たところでラッコは気づいた。限界であると。

ラッコは自分に問うた
「普段の私は痛み耐性は高い筈だが?ダサく歩けと言うのか!」

悪魔が答えた
「痛みは、プライドを殺します。」

「なぜ殺すのだ。」

天使が答えた
「背に腹は変えられぬ、と言うのですが、誰もそんな、真剣に悩んでみては居りませぬ。」

「やむを得ないのか」

ある中学生が答えた
「逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ」

てなわけで結局歩幅10cmでびっこをひいかずかつ刺激しないようにジリジリ歩いたよ!(`;ω;´)

なんで捻挫したのか結局全然わからなかったけど、荷物の重さ的にだいぶヤバかった…!

電車でおばさんに背後とられて首筋と耳を鼻息責めされたのもヤバかった(不愉快指数的な意味で)けど同じぐらいヤバかった!

てかおばさんに背後とられたときのあの不安感と気持ち悪さってなんなのかね(´-`;)

鳥肌通り越してムタサバクタニ…!って思うわ←マニアックネタ

あ、逃げちゃダメだの直前までは中略あるにしても、だいぶ原文に忠実にしてあるよ!よ!

帰りの電車で粗方打ってたんだけど、電子辞書と携帯の両使い余裕でした(キリッ

果てしなく不審者か果てしなく真面目な学生に見えてたはず。

|

« 歌 | トップページ | 1年のうちの1日なんて0に近似していいよね »

オヌヌヌ」カテゴリの記事

コメント

“原文に忠実”を見て、もう
一回一番最初を読むまで元ネタ
分からなかったお(´・ω・`)
我ながら鈍感orz..

それはともかく、お大事に(・_・`。)typhoon

投稿: みき | 2011年5月10日 (火) 23時02分

えっと、原文ってアレかな…(鋭意想像中)

お大事にね!無理しちゃダメだよ!

投稿: にしこ | 2011年5月11日 (水) 18時05分

みき>
私がナチュラルに邪智暴虐なんて使うと思ってたのかよ\(^0^)/
激怒したで気づかなくてもその後の雰囲気とタイトルで気づこーぜ

若さにものいわせて治したし!

にしこ>
これでメロスの評論文の『歩けメロス』の冒頭の引用パロが原文て言ったら怒る?(笑)

はいよーでも粗方治ったよー(〇´3`)ノ

投稿: らっこ | 2011年5月11日 (水) 18時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503661/39937393

この記事へのトラックバック一覧です: 歩けラッコ:

« 歌 | トップページ | 1年のうちの1日なんて0に近似していいよね »