« 一晩寝てもはっきり覚えてられることはずっと覚えてる | トップページ | 桜猛吹雪 »

2011年4月10日 (日)

読書感想文

私は課題文の類を書くのが死ぬほど嫌いな子だった。

いや、今もなんだけどさw

特に私が嫌って嫌ってしょうがなかったのが読書感想文。

好きでもない本を期限付きで無理やり読まされた挙句望まれた感想を書かされるとか、これなんて拷問?

つまらない本の感想なんて「つまらなかった。」だけで、理由も無ければ原稿用紙6枚を書き上げる気も起きないわな('A`)

そして結局半分以上のあらすじと苦肉の策の意見の使いまわしをテンプレにぶちこんで原稿用紙を埋める、と。

私以外にも少なからずこの強制読書感想文制度のせいで本が嫌いになった子がいると思うのよね。

素敵なお話を提供してくれる紙メディアが、いつの間にかデッドラインと批評と隣り合わせの嫌な思い出の代表格になってしまうだなんて3歳の頃は想像だにしなかった。

文部科学省のお偉いさん辺りが若者の活字離れを危惧してこれをさせてるんだとすれば実に皮肉なことだ。

見てのとおり私はブログやら英語やら国語やらで文を好き放題弄る機会が増えたおかげで文弄りへの抵抗はもう薄れてきたよ。

でも相変わらず字を書くのとか原稿用紙を使うのは嫌い。

理由無く、ただただ刷り込み的に嫌い。

以後こんな子供を増やしたくないのなら読書感想文をなくすべきだと思う。そしてその代りテーマ自由で好き放題文を弄らせて友達同士見せ合ったりとかしてきゃっきゃうふふさせとく方が結果的にいいと思うんだ。もちろん添削は誤字脱字とか言葉の使いまわしに軽く注意する程度で内容に文句は言わない方向で。

本好きを増やすのは無理かもしれないけど、少なくともそれまでよりは嫌いにならないはず。それでもどうしても好きにさせたいなら本を与えるだけ与えて読むことも何も強制しないでほっとく。それで好きにならなかったらやっぱり本は好きにならんて。読む気配が無くても強制だけはしちゃダメ。強制されたことを好むようになる子供はほとんどいないからね!それなら漫画でも渡して活字そのものに慣れるのを気長に待っててください。

そして本を好く好かない以外ににもメリットがある。

私は何より文を書くのが身近な楽しいことになるきっかけになると思うのよね。

作文というよりむしろ授業中回す手紙やまさにこのブログみたいな。

活字慣れのきっかけに漫画が有用なように、文弄りのきっかけは書き散らした文で十分だと思うんだ。文の巧拙よりも文に親しむことの方がずっと根本的に大切だって。文弄りが好きになれば勝手に辞書ひいたりぐぐったりするようになりますよ、先生。ソースは私(キリッ

んで、それからでいいんじゃないかな、学校でうまい文の書き方みたいなのを教えるのは。

今となってから小学校のときの上手な文の書き方みたいなのをきっちり身に着けとけば論理的な文をかけたのになぁって思うもん。

小学生当時よりずっとずっと真剣に学びますよw

携帯からだとこっからが「続きを読む」で読むとこだってわかんないのよね。

あーん面倒だなー!突然文の内容転換できないじゃないか!(←実行中の人)

なんかさ、さっき書こうと思ってたねたがあったんですよ。毎度のことですが・・・・

読書感想文ネタかいてたら忘れた\(^0^)/

ねぇ誰か忘れたものを思い出す機械みたいなの作ってよ!!切実にさぁ!!(泣)

あーもー!!推敲までして何で忘れるんだよぉぉぉおおお!!!

あんなに考えたじゃん!?ねぇ!?

なんでちょろっと見た人の記事内容とかは一発で覚えるくせに1時間も自分の頭の中で弄ってたものを1単語も残さず綺麗さっぱり忘れるんだよ!!!!

何かしようと思って2階に上がると何しにきたか忘れるあの現象かよ!!!

低スペワロスワロスw

記憶力上げてぇー!!

|

« 一晩寝てもはっきり覚えてられることはずっと覚えてる | トップページ | 桜猛吹雪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アルツだねー
おいでよ、こっちの領域に\(^p^)/

投稿: みき | 2011年4月11日 (月) 03時03分

誰がいくかぁぁああ!

投稿: らっこ | 2011年4月11日 (月) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503661/39563278

この記事へのトラックバック一覧です: 読書感想文:

« 一晩寝てもはっきり覚えてられることはずっと覚えてる | トップページ | 桜猛吹雪 »